後加工

京都には古来より受け継がれてきた友禅の技法をはじめ、伝統に育まれた後加工の技術がいまも脈々と受け継がれています。現代の匠は新しい転写やハンドスクリーンのプリント手法を駆使して、豊かな感性と創造性で独特の世界を創りだします。そして、その多彩な色や柄はこの優美な外観をもつ”MC1000”にそのまま表現されています。

その数々をご紹介いたします。

MC-1100

MC-1100 アニマルプリントのベースに特殊なシュリンク加工で、凹凸感のある、立体的なシワを表現。

MC-1200

MC-1200 転写プリントの高度な技法で、スエードのしなやかさとレザー表皮の図柄が高級感を演出。

MC-1300

MC-1300 京都の手捺染の応用で、深みのある独特のプリント技法。
生地表面に金粉をあしらい、ゴージャスな仕上がりにしました。

MC-1400

MC-1400 メタリック箔を転写したもの。スエードの高級感に洗練された上品なチラチラした光りが気品を添えます。

MC-1500

MC-1500 透明のバインダーの上に透明の箔をプリント。
婦人衣料、バッグ等ロゴタイプの箔で用途が広がります。

MC-1600

MC-1600 スエードのグランドに表皮タイプの図柄を施した高級感のある雰囲気が特長。

MC-1700

MC-1700 ブラックとゴールドのバインダーで捺染後に艶出し。
独特な柄表現に仕上げました。

MC-1800

MC-1800 深い型押しで、立体感のある浮き出し模様を表現しました。

MC-1910

MC-1900 無地ライクな中に上品に微かな柄が浮かび上がります。

MC-1210

MC-1210 捺染後に光沢を付け、水玉の光沢とスエードの上品なグランドがマッチして、落ち着いたシックな雰囲気を表現。
 

お問合せ

スエード工房 ムー・インターナショナル
toiawase@suedekobo.com
〒604-0925 京都市中京区寺町通御池上る 上本能寺前町474番地 日宝御池ビル6階
スエードのことならお気軽にお問合せ下さい。
お問合せフォーム
  • お電話でのお問合せ|0120-6363-78
  • FAXでのお問合せ|075-254-7255

お問合せはこちらから

スエード工房 ムー・インターナショナル|0120-6363-78

〒604-0925
京都市中京区寺町通御池上る
上本能寺前町474番地 日宝御池ビル6階
FAX:075-254-7255
Mail:toiawase@suedekobo.com

お問合せフォーム

お客様登録

営業日カレンダー

このページの先頭へ戻る