スタッフブログ

2018年2月 EU店頭報告書

注目ポイント「スポーツミックス、シワ加工、サテン生地、コーティング、ボンディング、光沢、止水テープ、防水ファスナー」

2018年2月9日~15日、ミラノ、パリの店頭を回りました。パリのプルミエールヴィジョンでは、情報、トレンドの収集です。東京は雪が降る日も多く覚悟して行きましたが、ミラノは暖かく手袋なしで歩くことができました。パリも雪の予報でしたが、初日から中日まで暖かく、楽しく店頭を回ることができました。最終日のみ非常に寒くなりました。今回ミラノでは、FENDI、GUCCIが新鮮でとても良い商品でした。MAXMARAのスポーティなブルゾンも注目です。FENDIはレディースをカール・ラガーフェルドがデザインをしています。今回の店頭では、カジュアルなスポーツミックスのデザインが差し込まれて、色もオレンジにサックスブルーなど、新鮮な配色でした。ブルゾンの袖口のブランドロゴや、プルオーバーの衿ぐりや、袖口のリブ編みが、若々しいエッセンスをプラスしていました。

MAXMARAのブルゾンは、スポーティーなものが多く、カジュアルなコーディネイトが中心でした。生地の表面にしわを付けた生地が多く、合繊にナチュラルな風合いをプラスしていました。店頭のブルーにも注目です。来年の春夏のトレンドカラーは、グリーン系です。グリーン系のブルーも◎です。ジャケットはダブル釦が新鮮です。カジュアルななかにもエレガントな雰囲気、でも着ていて楽なものが多く、ミセス向けのベーシックアイテムが多く見られました。GUCCIは、非日常的な攻撃的なファッションで、まるでアンティークの美術館のように、華やかで贅沢なもので溢れていました。赤、オレンジ、ピンク、グリーン、ブルー、色がぶつかり合い、複雑にまじりあい芸術作品になっていました。メンズの店頭もレディースに劣らず、可愛らしい商品でした。サテンのボク、サーパンツは華やかな赤で脇にラインが入り、メンズとは思えないような色使いです。日本のセレクトショップのMDにもサテン生地の商品は人気のようです。MIUMIUのブルゾンは、本格的な仕様で、ボンディング素材に止水テープ、防水のファスナーなど、スポーツ仕様のカジュアルなデザインをフェミニンなインナーにコーディネイトされていました。このようなファスナーの使い方は、他の多くメゾンで見ることができました。デザインがスポーティーなだけではなく、仕様もスポーツ、今シーズンのスポーツミックスのトレンドが多く見られました。

ミラノでもパリでも脇にラインを入れたパンツが多く見られました。パンツ、ブルゾンは、学生の体操着のような段ボールニットが様々なブランドで見られました。このようなスポーツテイストが、ファッションに入り込み新鮮なコーディネイトを作り出しています。これらは注目アイテムです。カラーは赤、ブルー、ネイビー等々です。

スポーツテイストのトリコロールの配色も多く見られました。ライン、ボーダー、ロゴ、衿ぐり、袖口のリブ編み等々、色使いもちょっとアンティックなトリコロールです。

店頭の色使いは、ピンク、赤、の組み合わせが多く見られました。コーディネイトでビビットなピンクと淡いピンク、そこに赤を組み合わせる、オレンジをプラスする、ちょっと違和感を感じましたが、目に付いた色使いです。

チェッのジャケットも多く見られました。グレンチェックが多く、茶色系のチェックに赤いラインが入ったものが多く、メンズライクなシルエットが中心です。

サテン生地のシワ加工のパジャマ風ローブ、テロン・ツルとした素材で、作られていました。ちょっと懐かしい感じのアイテムです。同じような素材で、ワイドパンツも多く見られました。また、水玉プリントをおいた商品も見られました。

 

お問合せ

スエード工房 ムー・インターナショナル
toiawase@suedekobo.com
〒604-0925 京都市中京区寺町通御池上る 上本能寺前町474番地 日宝御池ビル6階
スエードのことならお気軽にお問合せ下さい。
お問合せフォーム
  • お電話でのお問合せ|0120-6363-78
  • FAXでのお問合せ|075-254-7255

お問合せはこちらから

スエード工房 ムー・インターナショナル|0120-6363-78

〒604-0925
京都市中京区寺町通御池上る
上本能寺前町474番地 日宝御池ビル6階
FAX:075-254-7255
Mail:toiawase@suedekobo.com

お問合せフォーム

お客様登録

営業日カレンダー

このページの先頭へ戻る